自分に合ったメガネ

メガネには種類があります

メガネのフレームの素材には種類があります。チタンなど金属で作られたタイプはメタルフレーム、プラスチックの素材で作られているのはセルフレームです。レンズの下側半分をナイロン糸で留めて半分フレームが無いように見えるタイプはナイロールフレーム、縁がないタイプは縁なしフレーム、メタルやプラスチックなど異なる素材で作られているコンビネーション、眉毛部分と鼻にかかるブリッヂが一直線になっているブローフレームなどがあります。

フレームの形にもラウンド、オーバル、スクエア、ボストンなど種類があり、形によっても顔の印象が変わります。素材選びも大切ですが、フレームの形も自分をどのように見せたいかに影響するため、自分に似合う形を選ぶことも大切なことです。

似合うメガネの選び方

自分に似合うメガネを選ぶポイントはいくつかありますが、顔型に合ったタイプを選ぶこともポイントのひとつです。

四角い顔型の場合には、フェイスラインにメリハリがあるので曲線的なオーバルや半分フレームが無いタイプのハーフリムなどが似合います。面長の場合には、細くてシャープな印象のフェイスラインなのでウエリントンなど幅があるタイプ、丸顔には柔らかい印象なので直線的な印象のスクエアなどがバランス良く見えます。三角顔の場合にはシャープな印象なので、オーバルやハーフリムなどが輪郭を引き立てます。

顔型以外にも、メガネフレームの縦幅が眉毛から顎までの長さの3分の1程度のフレームを選んだり、黒目の位置がメガネレンズの中央や少し内側に入るようなフレーム、眉毛と同じような形状のフレームを選ぶのも自分に似合うメガネを選ぶポイントです。