オシャレなメガネ

ブリッジの調整でレンズを中央に合わせる

メガネ選びの際に、レンズとフレームの位置関係をしっかりと把握しておけば、おしゃれなメガネ選びが簡単にできます。見た目を良くするためのメガネ選びにおいて、抑えておきたいポイントは2つありますが、1つ目は、「黒目がレンズ中央に寄っているか」です。初めてメガネを購入した人に多く見られるケースとして、メガネの位置がずれる現象が該当します。ずれる位置が上下、もしくは左右に偏っている場合は、左右にあるレンズの周囲枠をつなぐ部分である、ブリッジに原因があります。

もし、ブリッジにずれがあるなら、左右の黒目にある中心同士を結ぶ距離を測定して、ブリッジの位置を調整する作業が不可欠です。その際、黒目の位置とレンズの位置がちょうど中央に来るように調整すれば、メガネ姿が違和感なく、おしゃれに見えます。

フレームを顔の幅と同じように調整する

見た目を良くするためのメガネ選びで、抑えるべきポイントの2つ目は、「フレームと顔を、ぞれぞれ同じくらいの幅に調整する」点です。メガネを構成するフレームは、左右のレンズの横幅とほぼ同じ幅ですが、同時にブリッジの幅も加味した上で調整されています。つまり、フレームの幅と実際の顔幅が、同じ長さになっていれば、おしゃれなメガネ選びに不可欠な要件を満たす理由としては十分です。しかし、実際はメガネのつるの部分に該当するテンプルが、横に張り出しているケースもあり、その点を考慮しながら、慎重に調整していく作業が必要となります。

これら2つのポイントを抑えつつ、顔の輪郭やフレームの素材等を加味した上で、おしゃれなメガネ選びを行うと良いでしょう。